無料リンクです。申込みはこちらからどうぞ

sample clinic
http://sample_clinic.html
sample clinic
http://sample_clinic.html
sample clinic
http://sample_clinic.html

■無料リンクについて(美容整形医院のみ)
申し込み及びリンクに関しては無料です。

申し込み時に必ず●無料リンク申込み ●医院名 ●ホームページアドレスをご記入下さい。

メール確認後、すぐに処理いたします。

美容整形外科について:美容整形外科とは、整容外科、形成美容外科とも言われますが、正しくは美容外科と言います。またこの分野の施術は、一般には整形などと言われる事が多いが、正しくは美容外科手術と呼ばれます。 美容整形外科は、火傷やケガなどによる傷やケロイドを治療するための形成外科とは違い、本人の意思で「美しくなりたい!」「二重まぶたにしたい!」「胸を大きくしたい!」「ダイエットしたい!」そんな女性の願望(コンプレックス)をかなえるのが美容整形外科です。 その女性の願望(コンプレックス)を整形外科の手術でかなえる事によって、外見的な美しさ(容姿)が自信となり、今まで持ち続けていたコンプレックスという心の悩みが開放され、自分自身に自信を持てるようになる事が目的です。 美容整形外科で一番多いのが、二重まぶたの整形手術です。二重まぶたの整形手術には、二重埋没法、二重切開法、目頭切開法等があります。 次いで多いのが、鼻の整形、シミ・シワ・ニキビ跡等の整形手術です。胸を大きくするバスト豊胸術や脂肪吸引によるダイエットも利用が多い美容整形です。 また、脱毛や縮毛矯正、歯科矯正も美容整形の1つです。日本では、整形を恥ととらえる文化がありますが、お隣の韓国では美容整形は身だしなみの一つ程度に自然なこととなっているようです。 芸能人の多くも美容整形手術を受けていると言われていますが、告白する芸能人が少ないのも日本だからではないでしょうか。 また、この美容整形手術の多くは、病気の治療ではないために健康保険は適用されず、全額自己負担の自由診療(保険外診療)となることが多いので、費用は高額となります。しかし、最近は、プチ整形として金銭的にも気軽に受け入れられるようになってきた整形手術もあります。また、美容整形外科は、金額的に高いから技術がしっかりしていて安心、安いから技術的に未熟で不安と言う事ではないので、美容整形外科を利用する場合には、その中身をよく調べて、安全で確実な手術を受ける事を考えましょう! 目の美容整形:目はその人の印象を左右する重要なパーツです。 最も一般的な目の美容整形は二重まぶたにする施術ですが、その他にも理想の目元にする整形術はたくさんあります。 どのような目になりたいのかで施術方法が異なるので、施術の種類や特徴を調べましょう。 手術を受ける前には、整形外科医から十分なカウンセリングを受け、納得のいくまでシミュレーションを重ねて疑問や不安を解消しておくことが大切です。 目の美容整形は、目頭切開・目尻切開・眼瞼下垂の改善・まぶたの脂肪を取る・まぶたのたるみを取る・くぼんだ目を改善するなど様々な方法がありますが、施術方法によって術後の目の印象が異なるので、それぞれの特徴をよく知っておく必要があります。 例えば、一番人気のある「目頭切開」という施術は目を内側に向けて大きくします。「目尻切開」はその反対に、目を外側に向けて大きくする施術です。 この他にも、年齢と共に気になってくるまぶたのたるみを解消して目を大きく見せる施術、まぶたの余分な脂肪や目元のシワを取り除いてスッキリした目元にする方法など、あらゆる目のコンプレックスを解消してくれるのが現代の美容整形なのです。 鼻の美容整形:顔の中心に位置する「鼻」の形や高さは、顔の印象を大きく左右します。 美容整形では昔から、鼻を高くする手術が行われてきました。 現在では、プロテーゼを挿入する隆鼻術、小鼻を縮小する鼻翼縮小術、だんご鼻を修正する鼻尖縮小・形成、上向きの鼻を修正する鼻中隔延長など、多くの鼻に関する手術が行われています。 鼻の美容整形の手術の中でも、隆鼻術は最もポピュラーな鼻の手術です。 隆鼻術には、プロテーゼを挿入する方法と、自家軟骨を挿入する方法とがあります。 プロテーゼとは、人工軟骨とも呼ばれています。 プロテーゼを挿入することで、鼻に高さを出し、すっきり通った鼻筋を作り出すことができます。 自家軟骨の挿入は、自分の耳の軟骨を挿入する隆鼻術ですが、プロテーゼと併用して鼻の高さを出すことが多くなっています。 横に広がった小鼻を修正する鼻翼縮小術とは、小鼻を内側もしくは外側から切開して巻き込んで縫合することで、広がった小鼻の幅を狭くする手術です。 内側法では傷跡が目立ちにくいというメリットがあり、外側法では狭くする幅を多く取れるというメリットがあります。 だんご鼻を修正するには、鼻の先端の脂肪や軟骨を取り除き、鼻の先端の軟骨を縫い合わせることで鼻先(鼻尖)を尖らせる手術です。 女性のほうが鼻の皮膚が薄いため、効果が現れやすいといわれています。 鼻の穴が目立つ上向きの鼻を修正するには、鼻中隔と呼ばれる鼻を左右に分ける軟骨を、自家軟骨を使って延長します。 鼻先を延ばすことで、鼻が長くなり、上向いた鼻を修正することができます。 鼻を形作るこれらの手術は、単独で行われることもありますが、多くは、隆鼻術との併用となります。 隆鼻術と併用することで、鼻を高くするだけでなく、鼻の形を美しく整えることができます。 鼻の美容整形は、最初のデザインが肝心ですから、医師とのカウンセリングでしっかりと希望の鼻の形や高さを伝えることが大切です。 豊胸手術の流れ:1.カウンセリング まず、クリニックへ行ってカウンセリングをしてもらいましょう。豊胸手術に関する知識や手術のメリットデメリットの説明を受け、自分の希望などを相談します。 2.手術に同意する 安全面や手術の概要などを聞いて、このクリニックで豊胸手術をすると決めたら手術に同意します。同意するまでは手術を取りやめることもできますので、じっくり検討して決めてくださいね。 手術をすることが決まったら、・血液検査など手術の準備・仕上がりイメージなどの相談を行っていきます。 3.手術 麻酔をして手術を行います。麻酔は局所麻酔で行うことが多いです。手術方法は挿入する物質によって違ってきます。 シリコンバックはわきの下などを切開して入れていきますが、脂肪注入やヒアルロン酸注入の場合は注射で注入を行っていきます。 施術時間は1時間〜2時間半くらいかかります。ほとんどの場合は手術後その日のうちに自宅に帰ることができます。 4.術後ケア(数日後〜1週間) 抜糸やガーゼ交換、バストマッサージ等、手術の後のケアが必要です。手術による傷や挿入物が落ち着くまでは多少の痛みはあります。 強い痛みを感じる人もいますし、バストが拘縮を起こして胸の手触りや見栄えに変化がある人も中にはいますのでリスクは考えておきましょう。 5.経過観察 手術後に痛みを感じなくなっても1カ月くらいは腕を高く上げるなど激しすぎる動きはしないほうがいいです。術後1か月ごろに経過観察に来院します。 顎(あご)の美容整形:顎の形が気になる方って、意外と多いです。 整形手術で顎の形をどうにかしたいと思っている人は、かなり多いようです。潜在的な人数は相当な数だと思います。 しかしながら、顎の整形の施術したという話はあまり聞くことがありません。実際、顎の整形手術をする場合、全身麻酔を施してから、顎の整形手術をすることになります。 どこで手術を受けるか決める場合は、麻酔手術の実績が多く優秀な医師を擁する医院を選びたいものです。 正しい手順で施される限り、全身麻酔を受けても大丈夫です。整形する際には、顎の余計な骨をカットすることになります。 顎の整形手術は一日にせいぜい1人が限度で、施術はレントゲンで確認をしながら丁寧に行わなければなりません。6時間前後で手術は終わり、入念に処置をしていけば出血はかなり少なく抑えることができます。 顎の整形手術後の痛みはほとんどないのですが、ただ感覚が少し鈍い感じがするかもしれません。顎の整形手術後の腫れは強い腫れは2〜3週間程度で、1ヶ月ほどで7割ほど腫れがひいてしまいます。 顎の整形の場合、お風呂は手術後翌日からぬるいシャワーのみ可能で、入浴は2週間後ぐらいからになります。 術後の歯磨きは病院からもらった消毒液をしばらく使い続けます。ミントなどの成分の入ったものはしみるので使えません。 術後、食事もしばらくはお粥や雑炊など噛まずに消化がでるものにします。2週間後の抜糸まではできるだけ安静に大人しくし、できれば仕事も半月ほど休みましょう。 顎の整形手術は簡単にできるものではなく、経済的不安と肉体的負担の負担ははかりしれないものかあります。思いつきで行動したりはせず、よく考えてから取り組みましょう。