サロン名とキャッチフレーズ

Special News


What's New

2013/06/26
難波(ミナミ)の広告タイプを一ページ独占広告に統一致しました。
難波(ミナミ)エリアで他サロンとの競合はありません。
ユーザー様の効率の良い広告を目指します。
2013/05/20
難波(ナンバ)エリアのページが増えました。
出来るだけ絞り込んだエリアで検索上位を目指します。
2013/05/11
広告バナーが2種類になりました。
LサイズはW550 H260 SサイズはW550 H130です。料金及び他のサイズはお問合せ下さい。
2013/04/01
フットケアサロンの紹介サイト Foot Care Osaka ホームページ新規開設致しました。
低料金システムになっておりますので、是非ご利用をご検討下さい。

足のトラブル(悩み)解消! 難波(ミナミ)で評判のフットケア(Foot Care)をご紹介しています。 治療にはドイツ式フットケア(ポドロジー、フスフレーゲ)や自然療法フットケア等がありますが、貴方にあったフットケア(Foot Care)をお選び下さい。 イボ・たこ・魚の目・巻き爪・外反母趾・かかとのひび割れ・角質ケア・フットバランスなど色々ありますが、技術が高く、トラブルの少ないサロンをお探し下さい。 口コミや人気ランキングで比較されるのも参考になると思います。 「難波 人気 フットケア」「難波 おすすめ フットケア」「難波 評判 フットケア」「難波 有名 フットケア」「難波 美脚」「難波 上手 フットケア」 「難波 技術高い フットケア」「難波 オーダーメイドインソール」を掲載中です。 タコ・魚の目・巻き爪の治療、O脚・X脚・歩き方を矯正して美しい足(美脚)を目指しましょう。 難波(ナンバ)で足の治療・ケアで人気が有り、評判で有名なおすすめのフットケアサロン(Foot Care Salon)は Foot Care Osaka で
ドイツ式フットケア・フスフレーゲの特徴: 足は万病の元といわれていますが、足を健康にすることで、体全体の健康が得られます。ドイツ式フットケア・フスフレーゲでは、ウオノメ、タコなどの除去、固くなった角質などをキレイにすることなどはもちろんのこと、きれいになった足をそのままの状態に保つためのアドバイスもいたします。フットケアをおこなうのは、フスウントインスティテュートのFSIスクールで、延べ3週間にわたっておこなわれる課程を終了し、足の健康に関する知識を幅広く習得した、専門員ですので、ケア・予防の両方からあなたの健康をサポートいたします。
巻き爪の治療:男女問わずに足の親指に発生する「巻き爪」ですが、これは一般的な名称で、医学的には爪の角が指の肉に刺さって、感染を起こして腫れてしまう「陥入爪」と、爪の端が単に内側カーブする「巻き爪」に分けられます。 陥入爪の原因の多くは爪を切る際に深く切りすぎてしまう、いわゆる「深爪」です。足の爪は手の爪と異なり、両端が指のの内側に入り込む形をしています。 そのため、足の爪を切る際に手の場合と同様に丸く切りってしまう(深爪をする)と、爪の端が十分に切られないまま、「とげ」が残ってしまいます。この状態でハイヒールなどの幅の狭い靴を履いたりしていると、指の肉にとげが刺さってしまい化膿を起こすのです。
化膿すると肉が腫れ上がるため、結果的にますます爪が食い込み、それが新たな可能を生むという悪循環に陥ってしまいます。化膿が酷い場合、医療機関では局所麻酔をして、爪をやや大きく斜めに切って、爪のとげが刺さるのを防ぐ処置がとられます。爪にならないようにするためには、深爪をしないことです。爪切りの際は、爪の先の角が少しだけ指先よりも出るように残すようにしましょう。 一方の巻き爪の原因は、先天的(遺伝)や後天的(サポート力の強いパンストの着用、爪白癬などによる爪が乾燥で弾力が失われる、深爪)などが挙げられます。巻き爪の矯正には弾性ワイヤーを用いた治療が行われます。これは爪に穴を二箇所開けてワイヤーを通し、そのワイヤーが真っすぐに戻ろうとする力を利用して丸まった爪を元の平らな状態に戻そうというものです。 ワイヤーは、新たに生えてくる爪も広がるようにくせ付けをしてくれます。この治療法はワイヤーの装着も取り外しも簡単なため、入院の必要はありません。日々のメンテナンスもいりません。
イボ、たこ、魚の目の見分け方と治療:
イボは医学的には疣贅(ゆうぜい)といい、ヒト乳頭腫ウイルスの感染によって皮膚が異常に増殖したものを指します。このヒト乳頭腫ウイルスは種類が多いため、体の様々な場所に、様々な形態のイボが発生しますが、足はイボがよくできる場所のひとつです。いぼは通常痛みを伴いませんが、足の場合は痛みが出るケースが多くなります。 イボは組織の中に血管が入り混じっているので、下に挙げる魚の目と勘違いして、自分で削ろうとすると出血したり、他の場所に転移することがあるので、皮膚科で医師の診察を受けて液体窒素やレーザーで細胞を焼くなどの治療を受ける必要があります。
イボは放置していると、大きくなったり、他の場所に転移することもあります。また、ストレスや睡眠時間が不足するなどの理由で体の免疫力が低下している家族にまでウイルスが感染してしまうこともあります。 イボと紛らわしいのが魚の目です。魚の目は医学的には鶏眼(けいがん)といい、点で圧迫がかかる部分にできる円錐形の角質丘疹(皮膚の隆起)を指しています。魚の目は角質が錐のように深く伸びているため痛みを伴います。 治療は中心部の角質を除去しますが、先に書いたようにイボと魚の目は紛らわしいので、皮膚科で診断を受けることが大切です。一般的には、イボは白っぽく、細胞が裂けてスカスカした感じがあり、血管が浮き出ているのが特徴です。一方の魚の目は黄色を帯びた透明色で表面から見ると丸い円錐形をしています。 最後にたこですが、たこは医学的には胼胝(べんち)といい、皮膚の表面の角質に機械的な刺激(足に合わない靴を履くなど)を受けて生じます。たこは皮膚よりも隆起した角質が多く、痛みも強くありません。
足の仕組みのお話−体を支える3つのアーチ:
人間の足は、片足28個ずつの骨で形成されていますが、これらが繊維状の靭帯によって連結され筋肉で支えられることで、3つのアーチをつくっています。そのアーチとは、親指の付け根からかかとまでを結ぶ内側の縦ライン、小指の付け根からかかとまでを結ぶ外側の縦ライン、そして親指の付け根から小指の付け根までを横に結ぶ横ラインの3つ。これらの3つのラインがアーチ状にバランスよく保たれることで、重心がかかとと親指の付け根、小指の付け根の3点に分散され、足裏でバランスを取ることができるのです。また、歩く時に足裏にかかる衝撃をうまく和らげ、体重から受けるダメージの軽減にも役立っています。つまり私たちが、二足直立歩行ができているのは、この3つのアーチのおかげともいえ、他の四足歩行の動物には見られません。骨や関節、靭帯、筋肉、血管が複数に作用し合い直立歩行を可能にしているのです。合わない靴や変な歩き方などで足が変形し、このアーチが崩れてしまうと、さまざまな足トラブルを招く原因になります。
きれいなアーチがもたらすメリットとは?:
足のアーチが整っているということは、体の重心バランスが安定し、体の機能の正常化にもつながります。 足トラブルの予防・解消だけでなく、血行アップや内臓機能向上など、全身の健康づくりにも密接にかかわっているのです。 1.姿勢や骨格を正常にし、スタイルもアップ
美しい体はゆがみのない骨格から生まれます。足元のアーチを正常に保つことで、重力とのバランスがよくなり足元が安定。姿勢や骨格の正常化によって、余計な筋肉や脂肪がついていない無駄のないきれいな体型を維持しやすくなります。 2.体への負担を事前に回避
足元が崩れ、ひざや腰に負担がかかれば、膝関節症や腰痛、さらには肩こりや頭痛につながることも。足元が安定し、クッション機能が正常に働けば、体への負担が分散され、体へのダメージを減らすことが可能です。 3.血行がよくなる 血液は、心臓から出て体を巡って心臓に戻ります。特に足から心臓に戻るときには重力に逆らって血液を心臓に送らなくてはならず、血流が滞りがちです。しかし、バランスのとれたアーチを保たれていれば、歩行によってポンプ機能が働き、血液が循環。心臓まできちんと血液が戻され、血流がよくなっていきます。血行が良くなれば、健康維持はもちろん、冷えや便秘、生理痛などの予防にもつながります。また、足のトラブルが悪化し、足に痛みなどが生じるようになると、自然と歩行や運動を避けるようになり、運動不足に。するとポンプ機能も滞りがちになり、さらに症状が悪化することもあるので注意が必要です。
よくある3つの足のトラブルとは?:
足のトラブルには、さまざまなものがありますが、大別すると3つに分けられます。 しかし、それぞれのトラブルが連鎖的に起こることも少なくなく、複数の症状を併発している人も多いのが現状です。 骨や関節のトラブル
足にある3つのアーチが崩れると、関節の歪みから骨の異常を引き起こし、さまざまな足のトラブルの原因となります。また、ヒールを長時間履くなどして、体重の負担が前方にかかると、横のアーチの崩れからゆがみが進み、トラブルに発展していくので、注意が必要です。開帳足や外反母趾、内反小趾などが該当します。 爪のトラブル
爪は指先だけでなく、指先の骨も保護し、地面から重力を受け止めて体を支える重要な役割を担っています。足に合わない靴を履き続けたり、アーチの崩れた足によって歩くことによる過剰な圧迫などによって、陥入爪、巻き爪、二重爪などの爪のトラブルを招き、時には歩くのが困難になることも。見た目だけでなく、日常生活に支障がでることもあるので、注意が必要です。 皮膚のトラブル
アーチの崩れや合わない靴を履くことで、同じ個所が圧迫されると、タコや魚の目などの皮膚のトラブルにつながりやすくなります。また、外的刺激や加齢による皮膚のターンオーバーの低下などにより、皮膚の乾燥が進みやすく、手入れを怠ると、かかとのがさつきやひび割れなどを引き起こすことも。開帳足や外反母趾などによって足の指の間隔が狭くなることで菌が増殖しやすくなり、水虫の悪化の原因になっていることもあり、身近なトラブルの1つといえます。
足トラブルの原因は一つではない!?:
足のトラブルはなぜ起こるのか――。そこにはさまざまな要因があります。女性が足のトラブルを引き起こしやすいのは、ヒールの高い靴を履く機会が多いことが一つの要因ですが、痛いタコをかばうように歩いていたら重心がずれてアーチが崩れてしまった・・・など、一つのトラブルがほかのトラブルを引き起こしていることもあるのです。
肌の色や皮膚の硬さ、足や爪の変形など、足はトラブルのサインを事前に送っています。自分自身の足を触ったり観察する習慣をつけ、そんな足の変化を見逃さないようにしましょう。

SIDE MENU

無料リンクはこちらから

大阪のおすすめ痩身エステ

大阪で評判の美容外科

大阪のおすすめマッサージ

加圧エクサパンツ